AGA薄毛治療の基礎知識

AGA薄毛治療の基礎知識

あれ?っとおもったら今すぐ無料カウンセリングへ!


AGA薄毛治療の気になる病院料金比較|初めての方におすすめクリニック

初めてAGA治療を行う人におすすめクリニック 特徴・料金詳細

内服薬を利用しての治療は主に月額制で月に1度通院することになります。なので少しくらい遠方でも実績の高いクリニックを選ぶ人が多いようです。今回は、治療実績、料金体系(安さ)、アクセスの良さの3点から総合的に判断しています。初めてAGA治療を行うのであれば下記の3クリニックの中から選んでおけば、まず間違いないかと思います。

案1 銀クリ

新橋徒歩1分のAGA専門クリニック。治療実績が非常に多いです。そのため九州や北海道など遠方からも来院する方が後を絶ちません。とにかくどこまでも患者のことを考えて「悩みを解決する」姿勢が半端ではありません。明朗会計(WEB掲載価格より1円も増えない)で、しかも非常に良心的な価格体系なので、ここより良いクリニックがあれば教えていほしいです。 詳しい治療の流れオカマとオヤジの評価料金表

案2 湘南美容外科クリニック

1年間で来院した患者数は、なんと100万7872人にものぼり、リピーター率も90%以上と高く、それに由来して症例件数が多いことが大きな強みです。また最大の強みは高品質の薄毛医療を低価格で提供していることで、初月税込1800円は恐るべき安さです。「画像メール相談」治療費の提案から見積もり、治療申し込みまでおこなうことができます。全国65院とこちらもどのエリアからでも通院が可能となっています。 詳しく見るオカマとオヤジの評価

案3 AGAスキンクリニック

薄毛に悩んだ医師自ら試し、効果を実感したオリジナル発毛薬を処方するなど薄毛治療をおこなっているクリニック。AGAスキンクリニックはその高い発毛実感率が特徴であり、大きな強みです。治療を6ヶ月間継続した患者400名を対象にアンケートを実施したところ、発毛実感率99.4%を記録しました。全国に48院展開中なのでどの地域にお住まいの方でも通院しやすいことも強みの一つです。 詳しく見るオカマとオヤジの評価

なぜAGAクリニックに行く必要があるのか

当サイトの様々な記事でも同様の内容を記載していますが、既に進行が始まっているAGA(男性型脱毛症)に関しては、食生活を改めたり、睡眠時間を増やしたり、ストレスを減らしたり、頭皮の脂を除去したり、シャンプーや洗い方を変えてみたりしても、薄毛の進行を止めることはできません。

なぜなら、AGAの進行は男性ホルモンによるものだからです。もしそうでなければ、男性に限らず女性や子供も、薄毛に悩む人がもっと多いはずです。

逆に、もしあなたがAGAによる薄毛であった場合は、AGA治療薬を服用することで、男性ホルモンによる薄毛の進行を比較的簡単にストップさせることが可能です。

育毛剤やシャンプー、育毛サロン、増毛などは全てこのAGA治療薬が開発される前におこなれていた薄毛対策であり、医学的な効果は実証されていません。ですので、もしそれらにお金をかけていているのであれば、今すぐやめてAGA専門病院に行くことをおすすめします。

一般の病院よりAGA専門病院?

ただ当たり前のことですが、AGA治療薬はストレス性の脱毛症などには効果がなく、AGAの薄毛にしか効きません。なので、まず薄毛が気になったら、その薄毛が本当にAGAによるものかどうか、本当にAGAの進行が始まっているのかどうかを的確に判断する必要があります。(薄毛になっていないのに、薄毛が進行し始めているのではないかを気にしている男性が実は非常に多くいます)

病院に行く際は、一般の病院でも薬自体は処方してくれるのですが、AGA専門のクリニックに行くことをおすすめします。その理由としては下記の2点があげられます。

  • 一般的な病院ではAGAか判断できない場合があるため(AGAではないのに薬を処方してしまうことも)
  • AGA専門クリニックでは、初回のカウンセリングが無料であることが多いため(一般病院は逆に初診が高い場合も)

AGAの治療を1日でも早く受けるべき理由

AGAによる薄毛が進行した場合、残念ながら一度死んだ毛根は現代の医療では復活することができません。(なので、最終手段としては、生きた自分の毛根を別の場所から持ってくる自毛植毛を行います)

ただし、既に薄毛が進行していても、本当にその毛根が死んでいるのかどうか、素人では判断できない場合があります。産毛などでも生きていれば生えてくる可能性が十分あります。つまり、毛根が1つでも多く生きているうちに、治療を開始したほうがいいということになります。

AGAとは?脱毛のしくみ

AGA(男性型脱毛症)とは、日本皮膚科学会 男性型脱毛症診療ガイドラインによると

男性型脱毛症とは,毛周期を繰り返す過程で成長期が短くなり,休止期にとどまる毛包が多くなることを病態基盤とし,臨床的には前頭部と頭頂部の頭髪が,軟毛化して細く短くなり,最終的には額の生え際が後退し頭頂部の頭髪がなくなってしまう現象である。

と書かれています。簡単に言うと「若ハゲ」のことを指します。日本人男性の実に30%が当てはまり、かなりの割合で何かしらの治療を希望しています。ただし、一口に脱毛症と言っても実にいろいろなタイプがあります。ここでは、どんな種類があるのかを中心に述べていきたいと思います。

おおまかにいって前(前頭部)からハゲる場合とてっぺん(頭頂部)からの場合があります。

円形脱毛症の場合は特定の部位はありませんが、頭皮のある部位に突然丸い脱毛巣が出現します。ただし円形脱毛症でも病気の度合いが強い場合は頭髪の大部分が抜けてしまうこともあります。

毛は毛周期に従って成長と脱落を繰り返しており、休止期に入った毛は自然に抜け落ちます。そして、正常の毛周期を営んでいる頭皮では成長期毛と休止期毛の割合は一定に保たれており、その結果、頭髪の総数も一定となっています。毎日百本の毛が休止期に入って抜け落ちますが、同じ本数の毛が休止期から成長期に変わって新たに生えてくるのです。

これに反して各種脱毛症の場合、いろいろの原因で成長期が短くなったり、休止期が長くなったりしてしまい、次第に休止期毛の割合が多くなります。こうなると生える毛よりも抜け落ちる毛が多いために毛が少なくなります。それと同時に新たに生えてきたうぶ毛が大きな毛になる前に脱落してしまうため、毛のサイズも小さくなってしまいます。これの繰り返しで次第にAGAが進行していくのです。

AGAで薄毛になる流れ

下記のようなステップをふんでAGAは進行します。

AGAの進行ステップ1

若干抜け毛が多くなります。この段階では、髪が薄くなった印象はまだありません。しかしAGAは始まっています。

AGAの進行ステップ2

明らかに抜け毛が多くなります。数本程度ではありません。枕元や排水口などにたまるようになります。

AGAの進行ステップ3

地肌が目立つようになります。この段階では既に抜け落ちてしまい、抜け毛は少なくなります。

薄毛に悩みAGAクリニックに来る方は、「そういえば何年か前に抜け毛がひどかったけど、最近はあまりないので収まったのかと思った」という方が多いそうです。抜け毛が多くなったら、出来る限り早い診療をおすすめします。

発毛を阻害するAGAで薄毛になる原因とは?

さまざまな阻害要因

ヒトの毛は生育条件が悪くなると毛母細胞が十分な毛を生成できなくなり、その結果休止期に入ってしまいます。このように、大切な成長期毛を休止期毛に返還してしまう要因こそが発毛を阻害するといえます。

おもなものとして男性型脱毛症における男性ホルモン(思春期以降、睾丸から分泌されたこのホルモンが血液中に入って毛球部にたどりつき、そこに付着すると毛をダメにする)、染毛や脱色によるダメージ、老化現象(動脈硬化などで血流が悪くなると毛が栄養失調となり枯れてしまう)、抗がん剤などの薬剤(がん細胞のみならず、毛の細胞も壊してしまう)などが発毛を阻害し、脱毛を引き起こしています。

AGAで薄毛になる最大の原因は悪玉男性ホルモン

その中でもAGAの最大の原因は、男性ホルモンで、ジビドロテストステロンという物質と結びつくと、髪に悪影響を及ぼす悪玉ホルモンとなります。この悪玉ホルモンですが、頭皮の毛根にある受容体に対して「毛髪の成長サイクルを短くし、毛根を休止状態にしなさい」という司令を出します。その結果AGA(男性型脱毛症)となります。

ちなみに、この司令を受取る受容体ですが、頭の側面や後頭部にはほとんどないため、側面や後頭部はAGAの影響をあまり受けないのです。

昨今、効果的とされている内服薬、フィナステリド(プロペシア錠)は、この、悪玉ホルモンによる受容体への司令を阻害する効果あるため薄毛の進行を止める働きがあります。

AGAによる薄毛のホルモンと毛の関係

人体の異なる部位の毛包は各種ホルモンに対してそれぞれ異なった反応をします。例えば、あごひげや胸毛などは男性ホルモン(アンドロゲン)によって成長が促進され、このホルモンが睾丸から活発に分泌される思春期以降はこれらの毛が濃くなります。当然、大人の口ひげは子供よりも濃いのです。

これに対して眉毛やまつ毛などの成長は男性ホルモンの影響を受けません。また、頭髪の一部、すなわち前頭部の毛は逆に男性ホルモンでその成長が阻害され、思春期以降に薄くなることがあります。この現象は遺伝的に前頭部の毛が男性ホルモンに弱い体質の男性に起こり、いわゆる男性型脱毛症となります。

あわせて読みたい記事AGA薄毛の原因:男性ホルモン

AGAによる薄毛の遺伝の影響について

「父親がハゲているので自分もハゲそうだ」と悩んでいる人がいます。「そんなことない」と言ってあげたいのは山々ですが、残念ながらそうはいきません。
多くの脱毛症は遺伝しないと考えられていますが、この男性型脱毛症は遺伝傾向のある脱毛症として知られているのです。遺伝するのは前頭部の毛が男性ホルモンに弱いという「毛の体質」であり、男性ホルモンの血中濃度は正常人と同じです。この体質が男性型脱毛症では男性を通して優性に、女性を通して劣性に遺伝するといわれています。すなわち、脱毛の遺伝子を持った男性(男性保因者)はある一定の年齢になると発病して男性型脱毛症になります。

しかし女性の保因者は男性型脱毛症の遺伝子を持ってはいますが、血液中の男性ホルモン濃度が低いために通常は発病(脱毛)しません。そして正常な女性保因者は発病しなくても子孫に脱毛の遺伝子を伝えるため、その女性の息子はハゲやすくなります。ただし、この男性型脱毛症の遺伝型式は複雑で多因子性ともいわれ、はっきりとしていません。ただ、家系に男性型脱毛症の人がいれば発病しやすいとは言えます。

あわせて読みたい記事AGA薄毛の原因:親からの遺伝

AGAによる薄毛:脱毛症と健康保険制度

いろいろな脱毛症のなかで悩める人口が一番多いものといえば、それは男性型脱毛症、いわゆる若ハゲでしょう。ところが長年医学界では、遺伝だからだとか年をとったからだという理由でそっけなく片づけられ、どうにもならないものとして治療の片隅に追いやられてきました。

しかし、この脱毛症で悩んでいる人の数は決して少なくはないのです。にも関わらず、AGA治療に関してはほとんどが健康保険の対象疾患とはなっていません。つまり自由治療となるのです。一方で、同じく悩む人の多い腰痛は健康保険の対象となっており、保険治療を受けることができるのです。

なぜこのような不公平が起こるのでしょうか?一般的に言われているのは「ハゲは実際の痛みを伴うわけではない」「ハゲは命に関わるほどの病気ではない」といったものです。これはすぐには変わらない制度のようです。

AGA病院(クリニック)の種類

主にAGAクリニックは3つのタイプに分けられます。

AGA専門病院

AGAのみを対象にした専門のクリニック。首都圏や大都市にしかない。内服薬と外用薬による治療やメソセラピー、HARG治療といった成長因子注入治療を行っています。

美容外科クリニック

美容関連を中心としたクリニック。内服薬と外用薬による治療に加え、植毛手術も行っている事が多い。全国にあるので地方でも行きやすい。大規模なクリニックであればAGA専門病院と同レベルの治療を行っている。

一般病院

ほとんどがプロペシアの処方のみを行っています。軽い薄毛治療であれば一般病院でも十分ですが、髪に対する知識はあまりないことが多いので、髪の「悩み」がある場合は、専門病院か美容外科クリニックをおすすめします。

それ以外に、薄毛治療には大きく分けて、AGA治療、育毛エステ、かつら・増毛の3種類があります。昨今は、医療の進歩と内服薬の国内認可に伴い、病院での治療がほとんどとなってきています、

AGA治療を早めに始めたほうがいい理由まとめ

いかがだったでしょうか。以上がAGAの最も基礎的な情報になります。AGA治療は主に、1、内服薬による治療 2、外用薬による治療 3、注入療法 4、植毛 の4つのステップがあります。初めてのAGAでは、主にフィナステリドのプロペシア錠や、ザガーロ錠、ミノキシジルなどを利用した治療を行います。その後、希望に合わせてHARG治療や様々な育毛メソセラピー、自毛植毛などを行うのが一般的です。効果を実感するためには6ヶ月くらいかかるのが一般的です。

当サイトでは、おすすめのAGAクリニックの他、AGAに関する様々な基礎知識をご紹介していますので是非AGA治療をこれから受けたいと考えている方、または既に受けている方にもしっかり読んでいただき、よりより治療のお役に立てていただけますと幸いです。

今日からできる脱毛予防

①ヘアケア、頭皮ケア

意外に知られていませんが洗髪関係の抜け毛の原因として、「不潔によるフケ、アカでの毛穴の閉塞」とともに「過度の洗髪による皮膚障害」があります。市販されているシャンプーやリンスは成分に皮膚にとって刺激的なものが含まれています。そのため、毎日洗髪をしすぎることも抜け毛の要因となるのです。理想としては二日に一回ほどの洗髪が良いようです。あくまで脱毛予防ですので、AGAが進行している場合は、あまり効果がありません。

②髪に良い栄養素

髪の栄養源として良質のタンパク質(大豆、魚など)や、ビタミンE(緑黄色野菜)、ビタミンC(レモン、ミカン、トマトなど)を摂取していくことが重要です。逆にダイエットなどでこういった栄養素が十分に摂れていないと抜け毛の要因となってしまいます。過度なダイエットは毛髪にもよくないのです。

地域からAGAクリニックを探す

       

error: Content is protected !!