医師に聞くAGA発毛ビジネスに騙されないために注意すべきこと!

あらなみクリニック院長(慶應義塾大学漢方医学センター非常勤講師)でありAGAに関する書籍の著者でいらっしゃる荒浪先生にAGA・薄毛・若ハゲに関するお話をお伺いしました。

科学的に証明されていない様々な薄毛対策成分

様々な効果を謳った成分が入った製品がどんどんコマーシャルされ、消費者の心を掻き立てています。たしかに、理論的には成り立つけれど、実際にはどうかというものもたくさんあるのも事実です。発毛や育毛を謳う成分についても同じことが言えるので、注意が必要です。

前述しましたが、皮膚科学会が、「育毛効果あり」とお墨付きを与えているのは、「ミノキシジル」だけです。ミノキシジルには、毛母細胞増殖、たんぱく質合成促進、血行促進の効果があると認めています。

ミノキシジル以外で効果がありそうな成分

ミノキシジル以外には、以下の成分に、それぞれの効果がある程度期待できるとしています。

  • 塩化カルプロニウム、センブリエキス、酢酸トコフェノール → 血行促進
  • アデノシン、t・フラバイン → 毛母細胞増殖
  • サリチル酸など → 角質軟化
  • ペンタデカン酸、ニコチン酸 → 栄養補給
  • エチニルエストラジオール → 皮脂分泌抑制

上記の成分については、それぞれの効能があるかもしれませんが、では実際に発毛までの効果が期待できるかというと、心もとないといわざるを得ません。

ビタミンCをたくさんとってもシミは消えない

こんな例を思い浮かべてください。ビタミンCは、たしかにシミの元になるメラニンの生成を抑制しますが、だからと言ってビタミンCを大量に摂取したら、シミが消えたということを聞かれたことがあるでしょうか?育毛製品についても同じことが言えます。理論上と実際の効果との間には大きな違いがあるということです。

お金を使うなら医療に使った方がムダにならない

結論は、ビタミンCの摂取ではシミは消えませんが、レーザー照射なら、必ず消えます。もちろん、レーザー照射は、ビタミンCに比べて格段に高価です。要するに、お金を使うのなら、CMのキャッチコピーに惑わされず、確かに効果のある治療法にお金を費やす方が対費用効果も、時間の節約という意味でも、意味があるということです。

グリチルリチン酸の発毛効果??

先日、偶然見かけたTVショッピングで、グリチルリチン酸の発毛効果をアピールする育毛剤が紹介されていました。皮膚科医である私にも、グリチルリチン酸に発毛効果があるというのは初耳でした。

確かに、グリチルリチン酸には、副腎皮質ホルモンと同じように炎症を抑える効果があるので、化粧品の中にも配合されています。フケやかゆみ、炎症を抑えて、頭皮環境を整えるかもしれませんが、発毛効果まであるかというと、はなはだ疑問です。

そういう商品に限って、消費者の心をつかむカスタマーレビューや、体験談がいっぱい載っています。それらは、いかようにも書けるわけですから、そんなものに惑わされないでください。ぜひ、効果を謳う成分がどんなものかちょっと調べてみてください。ネットという重宝なものがあるわけですから。

リアップ以外で効果がありそうな製品は?

紅景天

当院では、薄毛治療に漢方を活用していると、前述しましたが、その主な成分は、「紅景天」です。これは、別名、チベット人参と呼ばれ、海抜4000mを越える超過酷な環境で育ちます。滋養強壮作用が強く、中国最古の薬草について書いた本でも、価値があり貴重な薬と紹介されています。旧ソ連では、宇宙飛行士の健康管理に使われていたぐらいです。

この紅景天は、生薬のなかでも、毛母細胞を活発化すると私は考えました。後述します「ヘアフィラー療法」と併用すれば、期待以上の効果を実際に出しています。

何度も書きますが、皮膚科学会が「効果あり」と認めたのは、「リアップ」だけです。イメージだけを強く押し出した各種育毛剤がありますが、イメージだけでなく、科学的根拠に基づいています。

コラージュフルフル育毛スプレー

もう一点、持田製薬から最近売り出された「コラージュフルフル育毛スプレー」はいいかもしれないと考えています。なぜなら、このスプレーには、女性ホルモンが含まれているからです。薄毛になる女性のFAGAは、女性ホルモンの減少に起因するので、頭皮にそれを補って、薄毛を改善できるはずだからです。

お値段も1800円(150㎖、税別)とお手軽です。効果も内服には及びませんが、プラスアルファーとして考えるなら、いいと思います。男性の薄毛にも効果が期待できると思います。

値段が高ければいいとは限らない

ところで、「化粧品は、高くなければ売れない」という言葉を聞かれたことありますか?女性心理をよくついた言葉だと思います。原価はともかく、高価な化粧品には、高品質な成分が入っているだろうとみんなが思うからです。

一方、しわ取りなどの美容医学の場合、原材料の品質や価格が同じでも、医院によって値段に開きがある場合があります。これは、保険外診療で、医師が自由に値段を設定できるからです。

しわ取りのボツリヌス菌注射の場合、米国製は「ボトックス」、韓国製は、ニューロノックス」と呼び方が異なりますが、同成分です。同様に、ヒアルロン酸も、欧米製と韓国製では、同品質ですし、その値段も1万円以上の差はありません。

医院での診療価格に注意しましょう

しかし、医院での診療では、同じものを使っていても、医院によって3倍以上、価格に違いがあります。必ずしも、安い医院が、低品質なものを使い、ローレベルの技術とは限りません。その価格差が、医院の取り分なわけです。

インフルエンザの予防注射をされたことがあると思います。全国共通のワクチンを使っているはずなのに、医院によって価格差があります。それと同じです。薄毛治療や内服薬も同じことが言えますので、見極めが大切です。

口コミや体験談はそのまま信じない

あくまで個人的見解ですが、広告の体験談には、100%本当のことが書いてあると思わないどころか、信用しない方がいいと思っています。広告に掲載の体験談には、プロがまとめて、書いたというものもたくさんあるらしいです。どこまでが本当?というのが、実際のところではないでしょうか?

当院で、発毛施術を受けて、結果に満足していただいた方でも、広告に体験談や、顔写真を載せたいと言ったら、たとえお金をお支払いしても二の足を踏まれると思います。

ビフォーアフターの写真には要注意

宣伝文句に惹かれて、いろいろ試したけれど、期待した結果が得られなかった時に、「これはすごい!!この発毛力はほんとうだった!」という体験談とビフォーアフターの写真を見たら、これこそ本当かもしれないと飛びつきたくなる気持ちもわかります。でもまた結局、だまされたということを経験されていらっしゃる方も多いと思います。

写真付き体験談は、眉唾もの

またまた、私自身の体験談で恐縮ですが、医師向けのセミナーで、視力回復機器の紹介があり、パンフレットには、「1週間で視力回復」などの効果を謳う宣伝文句が並んでいました。医者向けのセミナーだし、間違いないだろうと購入しましたが、全然効果はありませんでした。それ以来、写真付き体験談は、眉に唾をつけて読んでいます。

科学的根拠に基づいているのかが判断基準にすべき

こんなに気を引く広告がいっぱい流されている中で、私たちはいったい、何を信じればいいのでしょうか?やはり、売る為だけの体験談は無視するぐらいがちょうどいいでしょう。なにより、科学的根拠に基づいているのかが判断基準にすべきです。発毛・育毛に関していえば、頭皮に何を塗っても、塗るだけでは効果は期待できないということです。

明らかに本当のことではないCMも

ある日、車のラジオから、育毛剤のCMが聞こえてきました。「円形脱毛していたところに、1週間で太い毛が生えてきた」と35歳の男性が言っています。医学的に、脱毛部分に、いきなり太い毛が生えてくるということはありません。何か月もかけて、産毛状のものからというプロセスがあるわけです。明らかに本当のことではありません。

「効果には個人差があります」という逃げ文句

最後に、「効果には個人差があります」という逃げ口上まで言うのですから、ヤレヤレです。実際、何事に対しても、個人差はあります。本書でも冒頭で、私自身がそう書いています。逃げ口上としてそう書いているのと、医学的根拠に基づきながらも、やはり個人差はありますというのでは雲泥の差があります。そこを見極めてください。

いきなり高額コースを契約させられるケースは、怪しい

発毛サロンのシステムにも問題があると思います。どんなものかもわからない最初の段階で、高額コースを契約させられるケースは、怪しいです。効果に自信を持っているサロンなら、途中で退会されないので、高額な費用で縛り付ける必要はないはずです。自身の効果に確信がないから、契約で縛ろうとするわけです。

当院には、ある育毛サロンに、何百万も支払ったけれど、結局、満足のいく結果には至らなかった患者さんがおられます。その方は、最初に高額機械購入の契約をし、その上、サロンの高額コースも契約させられたそうです。「本当に効果があります。信じてください」と強く勧められて、断るに断れなかったというのです。

その方たちは、異口同音に、たとえ効果があったとしても、高額を払い続けなければならないとしたらと考えると、途中であきらめて辞めてよかったとさえ、おっしゃいます。いくらでもお金を巻き上げられるという感じでしょうか?

何を信じればいいのか

先ほどの「何を信じればいいのか」をもう一度、考えてみましょう。皮膚科医として長年臨床の場に立ち続けてきた医者として言えることは、薄毛は、医学の力でしか治らないということです。医学の力を、医者を信じてください。そこから始めましょう。

そして、医者でも、どんな医者がいいかをしっかり見極めましょう。最初から高額な施術コースや、1ヶ月何万円もする服用薬を勧められたら、疑ってみてください。良い医院では、そんなシステムはとっていません。なぜなら、高額な費用をかけなくても、ちゃんと発毛するからです。

上記に良いAGAクリニックの選び方をご紹介しているので参考にしていただければ幸いです。



error: Content is protected !!