【医師が語る】最先端薄毛治療とミノキシジルの効果

あらなみクリニック院長(慶應義塾大学漢方医学センター非常勤講師)でありAGAに関する書籍の著者でいらっしゃる荒浪先生にAGA・薄毛・若ハゲに関するお話をお伺いしました。

ミノキシジルの効果とは?現在の薄毛治療

10年前までは、薄毛は治療できないとされてきました。しかし、研究の進歩によって、治療できるといえるまでになってきました。ここからは、私の臨床体験から、効果を実感し、医学的にも立証できる治療法のいくつかをご紹介します。

ミノキシジル

ミノキシジルは、元々降圧剤の成分でした。服用された方の髪の毛や体毛が増加することから、発毛剤として研究開発が進みました。そして、発毛剤として処方されるようになりました。

ミノキシジルの毛母細胞増殖促進作用は立証済みです。育毛剤と内服薬があります。育毛剤として、日本皮膚科学会が唯一、発毛効果を認めました。ミノキシジルが配合された育毛剤が、市販商品名「リアップ」です。男女ともに使用できます。外用薬ではどうしても効き目が弱いので病院では内服薬を処方します。ミノキシジルの詳細については記事後半で説明します。

AGAの治療薬として一世を風靡したフィナステリドですが、残念ながら女性は服用できません。女性向けのDHTの働きを抑制する薬として「スピロノラクトン」、「パントスチン」や「パントガール」があります。これらを処方してくれるところもあります。

女性向けスピロノラクトンの効果

そのスピロノラクトンは、カリウム保持性降圧利尿薬として開発されたもので、体内の水分を体外に出すことによって、血圧を下げます。さらに、女性ホルモンの力を借りて、男性ホルモンの働きを抑制するので、DHTも抑制することができます。

残念ながら、フィナステリドほどの効果は期待できないうえに、必要以上に血圧が下がり、心臓や腎臓にも負担がかかるので、私はお勧めしていません。

女性向けパントスチンの効果

一方、パントスチンは、その主成分のアルファトラジオールが、DHTを少しだけ抑制できます。もう一つのパントガールは、補助的に処方されるビタミン・ミネラル剤の一種です。

パントガールには、毛髪主成分のケラチン、それの主成分のアミノ酸L・システン、細胞分裂を促進する葉酸を作るために必須のパラアミノ安息香酸、糖分、脂質、たんぱく質代謝に必須なパントテン酸Caが含まれ、女性も服用できますが、これもまた効果はあまり期待できません。

女性には、最終的に女性ホルモンを補う方法もありますが、副作用のリスクを考えると、医師の厳重な管理の元での服用が必要になります。

ザガーロの効果

最近、フィナステリドより効果の高い、「ザガーロ」という内服薬が発表されました。これは、デュタステリドを有効成分としています。効果は期待できますが、処方した患者さんでは、男性機能低下という副作用も大きく、インポテンツになったため、服用をあきらめたという方もおられます。

女性専用薄毛治療薬ビビスカルの効果

「ビビスカル」という薬が、女性専用薄毛治療薬として、欧米で脚光を浴びています。ビビスカルは、海洋性原料から抽出された海洋性タンパク質複合体を主な原料として、そこにリンゴ抽出物のプロシアニジンB2、ビチオン、ビタミンC、L・システン、L・メチオニンが配合されています。

探求心旺盛な私としては、ダメもとでもいいからと、各種発毛サプリを試しています。ミノキシジルを越える、副作用の少ない、発毛薬はないか、探求の日々が続いています。そんな中で、漢方や、パントテン酸Caなどとの併用で効果を高めた時のみですが、ビビスカルに、効果を実感することができました。

プラセンタ注射

プラセンタ、あるいはプラセンタ注射という言葉は、よく聞かれると思います。そのプラセンタとは、「胎盤」のことです。胎盤は、おなかの中の胎児を発育させるための栄養や、成長させるための成長因子の宝庫です。

プラセンタやプラセンタ注射などの医薬品、健康食品は、この胎盤を主原料として作られています。化粧品には、馬や豚、羊などのプラセンタが使われています。医院で使用するプラセンタには、ヒト由来のプラセンタ(ラエンネック)が、使われています。

夢のような注射

プラセンタ注射を直接肌にすると、張りのある肌になり、シミ・クスミも薄くなり、アトピー性皮膚炎やニキビ肌さえ改善するという夢のような注射です。

当院でもよく使っています。そのプラセンタ注射を頭皮に行うこともあります。当院でも以前は、プラセンタの頭皮注射を行っていましたが、現在は行っていません。

なぜなら、皮下に厚い脂肪層がある頬や腕とは異なり、頭皮の下はすぐ頭蓋骨で、1回の注射でたくさんの量が入れられないのです。プラセンタ注射は、量が多ければ多いほど、効果を期待できますが、1回でたくさん入らない分、何カ所も針を刺す必要がありますが、たとえ麻酔クリームをしても、患者さんには相当痛い思いをさせることになります。

女性の場合は、必ずしも頭皮に打つ必要はない

なぜなら、女性の薄毛は、女性ホルモンが減少することが原因です。プラセンタには、生理不順、生理痛にも効果があり、ホルモンバランスを整えるためなら、一度にたくさん打てる体に打つ方が効果を期待できるからです。薄毛改善効果も当然、大きくなります。

プラセンタは、母親側の胎盤から作られていますが、最近は、さらに効果が高い胎児側の臍帯血再生因子の方に注目が集まっています。臍帯血再生因子は、プラセンタより数百倍の成長因子が含まれているのです。

臍帯血再生因子は、肌の若返り、アトピー、ニキビ等を劇的に改善します。実際、育毛効果もあるのですが、当院では発毛治療には使っていません。

残念ながら薄毛治療の効果は薄い

なぜ、当院では、発毛治療に使わないかというと、プラセンタをたくさんの方に注射してきた実感として、あまり効果がないと認めざるを得ないからです。それよりも後述する「ハーグ療法」や「ヘアフィラー療法」の方をお勧めします。

ハーグ療法「ハーグカクテル」

今でこそ注目を集めているプラセンタ注射ですが、これは比較的昔から行われていました。しかし、それより発毛効果がある注射があります。毛母細胞成長因子を直接、注射する方法です。毛母成長因子は「ハーグカクテル」と呼ばれています。

毛髪治療への期待は以前からずっとあり、毛髪を培養して、毛髪を増やすということをずっと研究されていますが、まだまだ道半ばです。その代わりに、頭皮に残っている毛根の中の毛母細胞を若返らせて、髪の毛を作る機能を復活させようという方法が考え出されました。その方法の一つが、ハーグ療法と呼ばれるものです。

幹細胞から成長因子が150種以上、抽出されていますから、まだまだ発展途上の技術です。

機能性ペプチド(ヘアフィラー)

毛母細胞を若返らせて発毛を促す方法の一つがハーグ療法ですが、他に、BENEV療法、メソラインヘア療法があります。いずれも、毛母細胞を活性化する因子を頭皮下に直接注射します。2016年までは、当院で行った治療法の中で、ハーグ療法が一番効果的でした。

2017年以降は、「機能ペプチド(ヘアフィラー)注射」である「DR・CYJ」に変更しています。これは、毛包(髪の毛を作る工場)と頭皮細胞を活性化する7種の濃縮ペプチド複合体が効果を発揮し、頭皮を再生し、髪の毛の成長を促進します。

私自身は、もちろん、ハーグ療法も、機能性ペプチドも両方体験済みです。私としては、機能性ペプチドの方に効果があると実感しています。ハーグ療法で、思うような結果を得られなかった人もあきらめずに、機能性ペプチド療法で治療し、実際に発毛を実感されています。

治療も大事だが予防も大事

多種ある発毛を促す療法、フィナステリド、ミノキシジル、プラセンタ、ハーグ療法、ヘアフィラー療法(機能性ペプチド)の中で、一番安全で、なおかつ効果的であるのは、ヘアフィラー療法だと断言できます。

そのヘアフィラー療法でさえ、進行した薄毛ではなかなか効果を期待できません。つまり、治療が効果を発揮するのは、まだまだ髪の毛が残っている間からということになります。

ミノキシジルのパワーと薄毛治療の効果

ミノキシジル外用は、効果は限定的ですし、内服は、副作用リスクが高いので、予防としての使用には不向きです。フィナステリドも副作用が心配されるので、早期に服用を始めるのは、問題があります。

先ほども書きましたように、薄毛が進行しないうちからの1年に1回のハーグ療法を推奨してきました。なぜなら、予防法として、安価で、安全、効果があると実感してきたからです。しかし、2016年まででした。
2017年からは、ハーグ療法に変わって、ヘアフィラー療法を採用しています。その推移の経過についてはまた後日お話しします。

毛母細胞へ栄養や酸素を十分行きわたらせること

薄毛改善のためには、頭の血流をよくし、毛母細胞へ栄養や酸素を十分行きわたらせることが必要です。頭皮マッサージは効果的であるようなイメージがありますが、効果はきわめて限定的かつ、一時的です。漢方薬には、血流を活発化するものがありますが、毛母細胞を活発化し薄毛を改善するほどのものはありません。

発毛するだけの血流を増加させることができる唯一の薬

ミノキシジルは、毛母細胞を活発化し、発毛するだけの血流を増加させることができる唯一のものです。

ミノキシジルは、もともと血圧を下げるために開発された薬でした。ミノキシジルを服用している方の毛髪や体毛が増えてきたことから、発毛薬として研究開発されました。つまり、血管を広げ、血圧を下げる効果が頭皮の血流も改善し、毛包や毛母細胞に栄養が十分補給されるという結果を生み出し、発毛につながりました。

このように、他の治療薬として開発されながら、違う病気への効果も偶然認められ、開発されてきた薬というのは、発毛薬だけに限りません。

休止期にある毛髪を成長期に戻す作用がある

ミノキシジルには、ヘアサイクルの休止期にある毛髪を成長期に戻す作用があることもわかっています。このミノキシジル配合育毛剤は、大正製薬の「リアップ」として1999年から販売されています。日本皮膚科学会が、唯一効果を認めているのがこのリアップです。

男性、女性ともに使用可で、頭皮から経皮吸収され、それが毛母細胞を活発化します。2009年には、ミノキシジル配合割合を5倍にした「リアップX5」が出ました。「発毛できるのはリアップだけ」というCMのとおりです。

ミノキシジルの外用の効果は出にくい

ミノキシジルの外用は、私の実感は、フィナステリド内服より効果はないので、過度の期待は、がっかりするだけです。しかし、抜け毛予防薬と考えて使用するならいいと思います。

ミノキシジル外用は効果が限定的ですが、内服はフィナステリドより発毛効果が期待できます。しかし、元々は降圧剤でしたので、心臓に負担がかかるなど副作用リスクも考える必要があります。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジル内服は、健康な人が服用すると、必要以上に血圧が下がり、全身の血管を広げるため、動悸やむくみ、全身の多毛も引き起こす可能性があります。そのため、薬の注意書きには、「高齢者(65歳以上)の方の使用は、使用前に医者、又は薬剤師に相談せよ」と書いてあります。要注意です。

ミノキシジル内服では、飲む量が多ければ多いほど、効果が期待できますが、同様に副作用も増えますから、服用には医師の厳重な管理が必要です。また、必要以上に飲まないことも大切です。

以上のような理由から、厚労省は、ミノキシジル内服薬は、国内販売の認可を出していません。処方する医師は、海外からの輸入品を使っています。ここで注意していただきたいのは、医師を通さず、個人輸入でミノキシジル内服薬を入手する場合です。

取り返しのつかない副作用が起こる可能性があるので、必ず医師の診察を受けてから内服するようにしてください。



error: Content is protected !!