医師が語る「実は男性ホルモンだけでは薄毛にならない」AGAと円形脱毛症

こんにちは。慶應義塾大学漢方医学センター非常勤講師、あらなみクリニック院長の荒浪暁彦です。本日は、薄毛になる人とならない人の違いと、その原因である男性ホルモンの働きについて、AGAと円形脱毛症の違いを交えながらご紹介したいと思います。

AGAの原因はDHTという抜け毛促進物質

サザエさんの波平さんのようなタイプがAGAです。側頭部はなかなかハゲないというのが特徴です。AGAはアンドロジェニック(男性型)アロペチア(脱毛症)の略語です。5αリダクターゼという物質が男性ホルモンをDHTという抜け毛促進物質に変化させ抜けます。

男性ホルモンが多ければ薄毛になるのではない

よく間違われるのが、男性ホルモンが多い=薄毛になると思われている方が多いのですが、実は、男性ホルモンだけが多くても5αリダクターゼが少なければ薄毛になりません。ヒゲや体毛が濃くて男性ホルモンが多そうな方でも髪がフサフサなのはこのタイプです。

5αリダクターゼが多く、かつ男性ホルモンが多い方にAGAは発症しやすいと言えるでしょう。

つまり、逆に言うと、男性ホルモンが少なくても薄毛になる場合があります。いかにも女性らしくて男性ホルモンが少なそうでも5αリダクターゼが多ければDHTが沢山できて、実は薄毛になってしまいます。

AGAは女性でも起こり得る

おばあちゃんの顔を良く見るとヒゲがはえている事が多いです。女性も歳をとるとヒゲや体毛が濃くなってきます。実は女性も男性ホルモンを分泌していて、歳をとり、女性ホルモンが減ってくると男性ホルモンの力が強くなり、男性ホルモンの影響が出てくるからなんです。

そのため5αリダクターゼの多い女性は、年を経て男性ホルモンの影響が強くなってくると、薄毛になってしまいます。これをFAGA、フェメイル(女性の)アンドロジェニック(男性型)アロペチア(脱毛症)と言います。

なぜ女性なのに男性型脱毛症?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、男性ホルモンの影響による脱毛現象だからです。

AGAと円形脱毛症の違いは?

一般的に薄毛になる大きな要因として、AGAと円形脱毛症の2種類が挙げられます。AGAは男性ホルモンと5αリダクターゼの影響で抜け毛が生じるのに対し、円形脱毛症は血液中のリンパ球が毛根を攻撃してしまう事により生じます。

いわゆる免疫機能異常によるのですが、ストレス等で生じるといわれています。だから円形脱毛症の方が急激です。瞬く間に全部の髪が抜けてしまう場合もあります。

治りやすいのは円形脱毛症

円形脱毛症は文字通り円形のハゲが生じ、それが多発したり全頭に及んだりしてしまう事がありますが、一時的にストレス等で免疫機能が崩れ、リンパ球が暴れて生じますから、免疫機能が正常に戻れば治ります。その為、体質的に脱毛が進行していくAGAやFAGAに比べると全然治りやすいです。

AGAの場合ストレスや生活習慣を改善することで、進行が遅くなることもありますが、基本的にはストレスをなくしたからと言って毛が生えてくることはあまりありません。

発毛サロンの広告写真には円形脱毛症の例も

AGA専門医や皮膚科医が見れば一発でわかりますが、実は、発毛サロンの広告写真で劇的に改善している方の中には、円形脱毛症の方も見受けられます。円形脱毛症の方に発毛効果があったからと言って、全く別の原因による薄毛であるAGAやFAGAで発毛効果があるわけではありませんので、誤解の元になります。

円形脱毛症かAGAかは、専門の医者がみればすぐわかります。それにより治療方法が変わってきますので、薄毛による不安があるかたは、クリニックに受診されることをおすすめします。

筆者紹介

あらなみクリニック院長 荒浪暁彦
慶應義塾大学漢方医学センター非常勤講師

著書「最強!の毛髪再生医療 – 豊かな髪と再び出会える本 – (ワニブックスPLUS新書) 」
オリコンメディカル「患者が選んだいい病院」東海四県で総合評価2位、医療水準1位に選出



error: Content is protected !!