医師監修 本当に効く3つのAGA薄毛治療!効かない治療とは?

こんにちは。慶應義塾大学漢方医学センター非常勤講師、あらなみクリニック院長、荒浪暁彦です。より良い発毛治療に日々邁進しております。

巷には効果が無い薄毛治療の情報が氾濫しています。実は私もかつて騙されました。その体験談もいずれお話しますが、何故薄毛になるのかを知っていれば、本当に効果のある治療法も見えて来ます。そこからお話しますね。薄毛には何が効果的かを見極め、無駄な出費はやめましょう!

薄毛の原因は男性ホルモンが発端

男性も女性も男性ホルモンを持っていますが、男性ホルモンがDHTという抜毛物質に変換されやすい体質の方が薄毛になります。女性も歳をとるとヒゲが生えたりするのは男性ホルモンが活発になるためで、同時に薄毛になります。

リアップの主成分でもあるミノキシジルの内服薬は副作用も強いですが、高い効果が有ります。主な作用は血流増強効果です。逆に言えば血流が悪いと薄毛になる事がわかりす。

以上より、男性ホルモンと血流低下が薄毛の原因で有り、これらへの対策が薄毛治療法にもなり得ます。

マッサージは効果あるのか?

マッサージすれば理論的には血管が揉まれ血流改善効果はある程度期待出来るかもしれません。血管が拡張すれば皮膚は赤くなります。ご自分の腕をマッサージして試してみてください。一生懸命やれば赤くなりますが、すぐ元に戻ります。年がら年中やれば効果有りですが、短時間では疑問です。まだ頭に熱いタオルでも乗っけて温めた方が良いと私は思います。

頭皮への刺激は効果有るのか?

昔、ある育毛剤のCMで頭を叩く器具もプレゼントという奴があった記憶が有りますが、何の意味が有るのか私にはわかりません。

毛穴を綺麗にするのは効果有るのか?

髪を造る工場である毛包は毛穴のずっと奥にあります。毛穴にゴミが詰まっていても何の影響も受けません。毛穴を綺麗にしなければ抜けてしまうなら、何日も風呂に入れない、例えば雪山に登る登山家は皆ハゲてしまいます。かえって無理やりゴシゴシしたら髪が傷んでしまいます。

育毛剤やシャンプーは効果有るのか?

色々差し支え有りますのですが、毛包は角質層、表皮層という硬いバリア壁に守られていますので、有効成分が頭皮につけても中々届きません。医療現場では様々な最新有効成分が開発されていますが、それでさえ針で奥に注入します。なので頭皮から育毛剤を塗ったくらいでは、残念ながら毛包にまで届くバリアを突破することができません。

高額なお金を取って以上のような施術をしているサロンが有りますが、私的にはオススメ出来ません。実際何百万円も使い、憤っている方が何人も私の医院にはいらっしゃいます。

男性ホルモンに作用する薬は?

皆さんご存知の、プロペシアことフィナステリドです。原因が男性ホルモンだから効果あります。容量が大きいほど効果が有りますが、インポ、女性化など副作用も出やすくなります。認可されている量ですと、発毛ではなく抜毛予防薬と考えた方が良いと私は思います。男性専用ですが、閉経後の女性にも試している医院が有ります。

血流増強作用で発毛する薬は?

ミノキシジル内服薬です。効果も有りますが副作用も強いです。上記にも説明しましたが、市販の外用薬ではなかなか効き目が出ません。病院では内服薬を処方していますが、安易には飲まない方が良いと思います。

当院にも他院で副作用が出てやめてしまった方が沢山来ます。ミノキシジル以外だと漢方薬が有ります。体に優しいですが、ミノキシジルより効果は弱いです。どうしても始めたいのであれば、副作用についてしっかり説明してくれる患者のことを考えている医院への受診をお勧めします。

頭皮注射は?

代表的なものにヘアフィラーとハーグが有ると思います。当院はハーグをやっていましたが、今はヘアフィラーのみです。効果にはかなり個人差が有り、凄く喜ばれる場合とガッカリされる場合が有ります。問題点としては価格が高いことです。

結論

どうせお金をかけるなら安価で効果が高い方が良いです。頭皮はどんな方法でも良いので温めてください。漢方薬、フィナステリド、ミノキシジル、ヘアフィラー、これらが主体で、補助薬や補完治療の効果には差は無いと思いますので、これらを安価でやってくれ、副作用も考えて治療してくれる医院に行くのが良いと思います。



error: Content is protected !!