AGA男性型脱毛症の抜け毛の量は、若ハゲ薄毛に対する悩みに比例する

髪が薄いことが悩みだ。AGA治療を受けている人はそういった人が多くいます。もちろんこの悩みがストレスとなり、そのストレスが薄毛の原因となる、という悪循環に陥っているのです。

もちろんこれは紛れもない事実です。しかし近年、薄毛で悩んでいない人の方が抜け毛が多い、という意見も出てきました。悩んでいないのに毛が抜けるというこの仕組みがどういったものなのか、それをここでは考えていきたいと思います。

悩み・ストレスと抜け毛

悩み過ぎてストレスが強くなってくると自律神経とホルモンのバランスが崩れていきます。自律神経が乱れると血液のコントロールがうまくいかなくなり、血液によって運ばれる栄養分もスムーズに運ばれなくなっていきます。すると頭皮にもうまく血液が循環されなくなり、毛根に運ばれる栄養分が不足します。その結果、貧弱な髪の毛しか生えなくなるのです。

またホルモンは体の各細胞の活動を管理・調整する役割を果たしています。そのホルモンに異常が発生すると髪の毛が柔らかくなり、やせ細っていきます。こうした機能低下が長期間にわたると、髪全体が薄くなっていくのは当然のことです。髪の毛が薄くなる原因はいくつもありますが、ストレスが原因になる場合もあります。

薄毛で悩んでいる人の思考

自分の髪の毛が薄くなってきている、これはもちろん悩みにもストレスにもなります。ではこれがあると悩んでいない人よりもハゲは進行していくのでしょうか?答えはNOです。

自分の髪の毛が薄くなっていると感じている人は、それに対して対処します。例えば、こういった髪の毛に関する記事を読む、専門書を読む、ネットで調べる、専門の医師に相談に行くなどです。

そしてその後に、行動に出るでしょう。外用薬を塗る、内服薬を服用する、クリニックなどで治療を受ける。その他にも薄毛になる原因をすべて潰していくかもしれません。

過度な喫煙や飲酒、生活習慣の乱れ、食生活、睡眠時間の確保など自分がすぐにできる薄毛治療は実は数多くあるのです。そうして薄毛の進行を止めていくのです。

昨今、内服薬の認可などにより、これまで止めることができなかったAGAの進行が止められる時代になっています。

薄毛に悩んでいない人の行動

では薄毛が進行しているのに悩んでいない人はどうでしょうか。先ほど挙げたような薄毛になる原因をいくつも抱えているかもしれない状況でも悩んでいないので何も対処はしないでしょう。そうなると生活習慣は何も変わらないということになります。

薄毛が進行しているのに何も対処しないわけですから、当然抜け毛は止まりません。おそらく行きつくところまで行くのでしょう。

結論

結論として言えることは、薄毛について悩むということ自体はストレスになり、薄毛になる原因にもなります。しかし、悩んでいる人はそれだけ薄毛に関心を持って対処をするので薄毛の進行を遅らせる可能性が非常に高いです。しかし、薄毛が進行しているのに悩んでいない人は何も対処しないために結果として抜け毛が止まらないのです。

現代の医療技術であれば、毛根が生きてさえいれば、内服薬のみでも脱毛の進行をストップさせることが出来ます。

ただ、それはAGAによる脱毛であった場合に限ります。ですので、まず薄毛が心配になったら、本当に薄毛が進行しているのか?そしてそれはAGAによるものなのかを判断する必要があります。

AGA専門クリニックはそのためにあると言っても過言ではありません。一般の病院ではプロペシアなどの内服薬は出せても、本当にAGAによる薄毛なのかどうか判断するほどの知識がない場合がほとんどです。

AGA専門クリニックの無料カウンセリングに行くだけで、今後の方向性を決めることが出来ます。薄毛に対して少しでも悩みがあるのであれば、とにかく早めにAGA専門クリニックに受信されることを強くおすすめします。



error: Content is protected !!