医師が語る「AGAクリニックでの治療に副作用」はあるのか?

こんにちは。慶應義塾大学漢方医学センター非常勤講師、あらなみクリニック院長の荒浪暁彦です。AGAの主な治療法には、内服と外用薬・注射があります。それらのの治療に副作用はあるのか?それぞれ代表的な内服薬と注射についてご説明します。

どこの皮膚科でも処方しているフィナステリド(商品名 プロペシア)内服薬

前回の記事でもご説明しましたが、AGAは、男性ホルモンが5α-リダクターゼの作用でDHTという抜け毛物質に変換される事により生じます。この原因である、5α-リダクターゼの働きを抑制する効果があるのがフィナステリドです。

男性機能抑制の副作用が生じる場合がありますが、比較的安心して内服できます。ただし、無くなった髪を生やしてフサフサにするところまでの効果はなく、男性ホルモンによる抜け毛物質の生成を抑えて、薄毛の進行をストップさせる、いわば予防薬であると私は考えています。

フィナステリドのレベルアップ薬デュタステリド(商品名 ザガーロ)内服薬

薄毛の原因であるDHTを生み出す原因となっている5α-リダクターゼにはI型とII型があります。フィナステリドは5α-リダクターゼII型を抑制するのに対し、デュタステリドはI型、II型の両方を抑制するため、より高い効果がありますが男性機能抑制の副作用も強いのが特徴です。

実際インポテンツになってしまった方が私の医院では3人いらっしゃいます。弱くなった方は少なくありません。なので、よく考えて内服を行う必要があります。但し、中止すれば正常に戻ります。

精巣に影響があるため20歳以上でないと服用できません。女性は不可で、妊婦の方の体内に入ると胎児に影響が出ますので触ってもダメです。内服中のかたは、保管方法など間違って触ってしまわないように注意しましょう。

ミノキシジル(リアップの主成分)内服薬

元々は全身の血管を拡張させ血流を良くする事により血圧を下げる薬でした。全身の血管を拡張させることで、頭皮の血流がとても良くなり、結果的に発毛します。今の治療法の中では一番効果がありますが、頭皮だけでなく全身の血流が良くなるので、そのぶん副作用も強いです。

ミノキシジルは少量で頑張るべき!

ミノキシジルには2.5mg、5mg、10mgがあります。容量が大きい程、効果大ですが、副作用も生じやすくなります。むくみ、だるさ等、自覚症状が出た時はかなり心臓に負担がかかっています。
また副作用が出てしまったら、二度と内服出来ず、やめたら元の薄毛に戻ります。だから副作用が生じない様に極力低めの容量で頑張るべきです。

頭皮への注射には様々なものがありますが、代表的なのがハーグ療法とヘアフィラー療法です。

ハーグ療法の副作用

AAPEという脂肪幹細胞から抽出した細胞成長因子を毛母細胞に注入し発毛を促します。顔に注射すれば美肌になります。

注入時の痛み以外特に副作用はありませんが効果には個人差があります。全く無効の方もいらっしゃいます。

ヘアフィラー療法の副作用

様々な機能性ペプチドという毛髪を再生する因子を注射します。日本では、2016年10月から導入された、最新の注射でハーグ療法その他、私が色々試した中では一番効果があります。

注射時に痛み以外の副作用は特にありませんが効果には個人差があり、かなり効果のある方と全くダメな方がいらっしゃいます。

まとめ

以上が、現在AGAクリニックにおいて行われている主な治療方法になります。効果が出るか、副作用があるかは体質によってまちまちですので、親身になって治療を行ってくれるAGAクリニックでの診療をおすすめします。

将来のことや副作用など、後々のことをあまり考えずに、とりあえず薬だけ処方してくれるような病院での治療はあまりおすすめできませんので、自分にあったクリニックを見極めていただければと思います。

筆者紹介

あらなみクリニック院長 荒浪暁彦
慶應義塾大学漢方医学センター非常勤講師

著書「最強!の毛髪再生医療 – 豊かな髪と再び出会える本 – (ワニブックスPLUS新書) 」
オリコンメディカル「患者が選んだいい病院」東海四県で総合評価2位、医療水準1位に選出



error: Content is protected !!