AGAに詳しい医師が語るヘアフィラー(機能ペプチド注入)療法はなぜすごいのか

あらなみクリニック院長(慶應義塾大学漢方医学センター非常勤講師)でありAGAに関する書籍の著者でいらっしゃる荒浪先生にAGA・薄毛・若ハゲに関するお話をお伺いしました。

AGAに悩む方にオススメの「ヘアフィラー療法」はなぜすごいのか

最近の再生医療の進歩たるや目を見張るものがあり、様々な臓器の培養増殖ができるようになりました。それにもかかわらず、毛髪の培養、増毛ができたとはまだまだ聞きません。それほど、育毛、発毛というのは難しいわけで、単に頭皮に何かを塗ったりマッサージしたり、洗浄したりしたぐらいでは効果を得られないどころか、逆効果にさえなりかねません。

理研と京セラは、薄毛になりにくい後頭部の、毛包になる前の2種の幹細胞を取り出し、培養増殖させ、それを頭皮に戻し、毛包を再生する技術を開発中で、2020年の実用化を目指しています。毛包の再生ができれば、大きな進歩と言えるでしょう。今や様々な研究機関が発毛技術の研究を加速させていますので、いずれ近い将来に可能になるでしょう。

現時点では一番効果がある

たとえ将来にバラ色の未来が待ち受けていますよと言われても、今薄毛に悩んでいる人にとれば、今が問題です。現時点で一番効果があるとお勧めできる療法は、「機能ペプチド(ヘアフィラー)注入療法」です。私自身の頭でハーグ療法と機能ペプチド注射を試したら、機能ペプチドの方に軍配が上がりました。今年2月からは、機能ペプチドを推しています。

機能性ペプチドといえども、毛包が残っていることが大切です。毛包とは髪の毛を作る工場なのです。「植毛」とは、自分の毛包を毛のない部位に植えることですが、この方法だと毛包を採取した部分が薄毛になってしまいます。

毛根というのは実はとても強い

皮膚科で永久脱毛を行う場合、医療用レーザーを使って、皮膚の奥深くにある毛根を焼き切ります。エステでは、医療用レーザーは使えず、光脱毛です。これでは、毛根があるところまで届かないでの、永久脱毛にはなりません。つまり、医療用レーザーでしか焼き切れないぐらい毛根というのは、強いものなのです。

外見上は、髪の毛がなくても毛根がまだ残っている場合もありますし、たとえ薄毛になっても、毛根が死んでいるとは限りません。ただ、手遅れにならないことが重要です。薄毛になってから時間が経つと、毛根が委縮してしまうからです。

毛根さえ生きていれば発毛する

つまり、ハーグ療法でもヘアフィラー療法でも、毛根さえ元気なら、効果は大です。例えば子供のストレス性脱毛なら、毛根が元気なのですぐに発毛します。薄毛になり始めなら、まだまだ毛根も元気なので、回復の可能性が高まります。他の病気と同じで、早期発見、早期治療が大切です。40代で薄毛が気になりだした頃なら、まだまだ大丈夫ですよ。

ヘアフィラーと注入療法

現在の美容医療の主流は、 Non-Surgical(ノンサージカル)と言われるメスを使わない非外科的な施術がメインになっております。中でもフィラー(注入療法)とレーザーやIPLなどの光エネルギーを使った光治療は、今世紀に入り新しいフィラーや光治療器が続々開発され、日本でも美容外科や美容皮膚科といったクリニックが増える要因にもなっております。特にフィラー(注入療法)は、再生医療の技術革新には目覚ましいものがあり、美容医療にも活かされ、PRP(多血小板血漿)注入やヘアフィラー療法に繋がっています。

ヘアフィラー療法(機能ペプチド)以外のAGA注入療法

AGAの注入療法は大きく分けて二つ、メソセラピー系と注射器を使った再生医療系に分かれます。「ヘアフィラー療法」もハーグ療法も注射器を使ったフィラー(注入剤)による再生医療系注入療法です。

メソセラピー系AGA治療

メソセラピーとは、1952年にフランスの医師(Dr.MichelPistor)により開発された注入技術で、美容整形の痩身技術である脂肪溶解法として開発されました。メソセラピーは皮内もしくは皮下に注射器や専用器具(メソガン)で薬剤を少量ずつ注入します。現在は、自動注入器との組み合わせで薬剤を均一に注入出来る事から、頭皮に薬剤を注入するAGAメソセラピーや皮膚に薬剤を均一に注入してニキビ治療や美肌治療を行う水光注射(ダーマシャイン)など、痩身以外の治療にも多く使用されています。

AGA治療のメソセラピーは、ミノキシジルなどの外用薬を自動注入器とメソガンを使って頭皮に均一に注入する治療法です。注射器による注入では、注入深度は医師の技術や感覚に左右されますが?メソガンを使った自動注入の場合、薬剤の注入量と注入深度が均一に保たれるメリットがあります。また、育毛剤として頭皮に塗布するより、頭皮に直接注入するので薬剤の効果がダイレクトに期待出来ます。

AGAメソセラピーの種類には、メソガンを使って自動注入する方法と、針を使わない水圧などを使って専用マシンで自動注入するノンニードルメソセラピー、レーザーやイオン導入マシンを使い光治療を組み合あわせるAGAメソセラピーもあります。

AGAに最適な「ヘアフィラー療法」の治療方法とは?

2016年10月から始まった「機能ペプチド」を毛母細胞に注入する発毛治療は、真の発毛を可能にしました。「機能ペプチド」は、毛を作るためのサイトカイン(免疫システムの細胞から分泌されるたんぱく質)を集めるための指令を出すことができるのです。これは、ヘアフィラー療法とよばれ、2~4週間ごとに1回、計4回で発毛します。

当院では、ヘアフィラー療法の効果を高めるため、漢方シャンプー、漢方サプリメント、さらに電気ツボ刺激を併用しています。手打ち注射をやめ、痛みを軽減できる機械打ちを採用しています。

ヘアフィラー療法に使われるペプチドは、毛髪を生やす細胞に直接働きかけます。そして、毛髪を作る工場である毛包を生み出すのです。当院では、ヘアフィラー療法実用化までは、唯一の発毛施術法としてハーグ療法を行っていましたが、今では、ヘアフィラー療法のほうが、ハーグ療法を上回る結果を出しています。

機能性ペプチドとは?

では、ヘアフィラー療法で使用する機能性ペプチドとは、いったいどんなものでしょうか?具体的にお話ししましょう。

  • オリゴペプチド、デカペプチド、オクタペプチド→頭皮に毛細血管を発生させ、血流をよくする、頭皮の細胞を刺激し、髪を新生させる
  • オリゴペプチド→発毛抑制因子とDDK1を減らす
  • オリゴペプチド、デカペプチド→活性酵素抑制、血流増加、毛包、毛乳頭形成促進

様々なペプチドが、それぞれ、血流を促進したり、発毛抑制作用のあるものを減らしたりして、発毛を促します。これは、男女のあらゆる脱毛症に効果が認められています。ただし、妊娠中と18歳未満の方には使えません。

4回の施術で発毛

一般的には、4回の施術で発毛し、施術終了後もミノキシジルやフィナステリドのように効果がなくなるということはありません。ただ、人によっては、半年から数年に一度、維持施術が必要になる場合もあります。

ハーグ療法のハーグカクテルの代わりに、ヘアフィラー療法では、ペプチド配合のヘアフィラーを頭皮に細かく注入します。当院での患者さんの効果、結果を見させていただく限り、はっきりヘアフィラー療法の方が効果的です。

AGAに最適な「ヘアフィラー療法」の料金はいくらかかるのか?

機能性ペプチドを注入する同じヘアフィラー療法でも、医院によってかかる費用に差があります。それはなぜでしょう?ヘアフィラー療法では、せっかくの機能性ペプチドを使っても、的確に毛根に注入できなければ、大きな効果を期待できないのです。つまり、費用の差は、施術技術の差と言えます。

たくさんの量を数カ所に打たれた患者さんの例を話しましたが、それではせっかくの効果が期待できません。1本1㏄をできるだけたくさんの毛根に注入できるよう、たくさんの個所に打つ必要があります。当院では、正しく毛根の深さに均等に、そして、何百カ所にも打っています。こうしてこそ、最大限の効果が得られるのです。

世界に一種だけの機能性ペプチドを打っても、医院により値段が異なるのは、医院の利ざや次第です。自由診療のインフルエンザ予防注射もそうですよね。1回5万~15万と大きな開きがあります。

カツラならどうか?

話は変わりますが、カツラなら、一度カツラ代を払えばそれで終わり、それに対して治療の場合、何度も通院するから結局お金がかかるという、勘違いがあるようです。でも、そうでしょうか?カツラも買っておしまいではなく、こまめに頭を剃ったり、汗などで汚れたり、見た目を維持するためにメンテナンスも必要で、やっぱりお金はずっと必要です。

カツラ以外でも、増毛を経験された方が、やっぱりお金の問題で、術後のメンテナンスが不要なヘアフィラー療法を受けに来られました。増毛は髪の毛を編み込むわけですが、当然自分の髪の毛が伸びたり、抜けたりすればメンテナンスが必要になります。その度にお金がかかります。

円形脱毛症にも有効

円形脱毛症というのは、遺伝ではありません。ストレスなどによる免疫機能の問題です。自らの毛穴が攻撃を受け、毛穴が弱り、毛が抜けるのが、円形脱毛症です。ですから、毛穴を活性化することができる機能性ペプチドは効果があります。つまり、ヘアフィラー療法は、円形脱毛症にも有効です。

私の今までの経験から、ヘアフィラー療法は、一番良い発毛方法だと思います。たとえそうだとしても、ヘアフィラー療法で効果が出る人、でない人がいることも事実ですし、効果があった人でも、すべての人に毛が豊かに生えてくるわけではありません。特に、頭全体が脱毛して毛穴がなくなっている場合は、やはり発毛は簡単ではありません。

ヘアフィラー療法に対する期待が高ければ高いほど、「20年前のように」「フサフサ」などという、ご本人の期待ほど生えなかったといってクレームをいただくこともあります。実際には生えてきていても、毎日見ていると、その変化に気づけないということもあります。

AGAに最適な「ヘアフィラー療法」は最強の治療方法

発毛治療に関して、プロペシア以外、ほんの数年前までは、どんな方法も有効ではありませんでした。その時代のことを考えれば、そして、発毛に関わり続けている医者として、ヘアフィラー療法は現時点での最高で、最強の治療法です。

どんな療法でも、すべての方に100%満足していただくのは、難しいことだということは、十分わかっています。しかし、ヘアフィラー療法は、医学的根拠や実際の成果があります。私は、医者としての信念をもって、ヘアフィラー療法をお勧めしたいと思います。

ヘアフィラー効果と副作用

注入療法に用いる注入剤は、吸収性フィラーと非吸収性フィラーに分かれます。戦後の美容整形ブームを作った肉質注射と言われたオルガノーゲンは、注入当初は問題もなく隆鼻術や豊胸手術に頻繁に使われていました。しかし、数年から数十年経ってからシコリなどの異物反応が起こってしまい、被害が拡大した経緯があります。このオルガノーゲンは皮下に注入しても分解されない非吸収性フィラーであった為、現在の美容治療においては、非吸収性フィラーの使用は殆ど行われなくなりました。

ヘアフィラー療法で使用する機能性ペプチドは吸収性フィラーで副作用の心配はないようです。しかし、実用化から1、2年の現在、臨床データも少ないのが現状です。吸収性フィラーだから絶対安全という保障はなく、効果が高い薬には副作用のリスクも高いというのが定説です。効果とリスクのバランス感覚?このへんは医師と相談して、ご自分の判断にお任せします。

ヘアフィラーは効果ある?効果なし?口コミチェック

実際にヘアフィラーを経験した方は効果があったのでしょうか?口コミをチェックしてみましょう。

30代男性

10代後半から頭頂部が薄くなり始め、徐々に進行する薄毛に悩んでおりました。ヘアフィラー療法を2週間毎に4回施術して2ヶ月後(治療開始4ヶ月後)には、毛の密度・太さ共に改善しました。今はヘアスタイルが自由に変えられて大変満足です。

40代男性

四十路に入ってから生え際が上がって来たので早い方が良いと思いクリニックに相談に行きました。ヘアフィラー療法が一番効果があるとドクターから聴いたので、施術してもらいました。4回終わって生え際が元の位置に戻ってます。早めに相談して正解でした。

50代男性

40代で薄毛に悩み、某大手育毛サロンで大金を費やしましたが全く改善されず、クリニックで植毛しようかと思いカウンセリングに行ったら、新しい治療法であるヘアフィラー療法を知り、4回の施術を受けました。しかし、思ったほど改善されず、再び植毛を検討中です。