女性のセックスレスはFAGA女性男性型脱毛症や薄毛に影響するのか?

「セックスをしないとハゲる」、一見ふざけているようにも思われがちなこの言葉ですが、実はまったく見当違いなことでもなかったのです。特にこれは女性の薄毛に影響しているのです。ここではセックスレスが薄毛の原因となるということについて述べていきたいと思います。

セックスすると出るホルモン

エストロゲンの分泌

心身のつながりをもたらすセックスをすると女性は女性ホルモン「エストロゲン」を分泌します。このエストロゲンが分泌されると女性の体は丸みを帯びて美しくなり、肌や髪の毛などへの美容への影響も大きく与えるのです。


エストロゲンが与える影響

エストロゲンは髪の毛の発育に深く関係しています。エストロゲンが分泌されると髪の毛は太く強くなります。色艶も出ますし、髪の毛にハリがでてきます。また髪の毛が抜けていったりする休止期を短くして、髪の毛が生える成長期を伸ばす働きがあり、それによって抜け毛が減り、発毛する、髪の毛が伸びる、という期間が増えます。

逆にこのエストロゲンの分泌が減少してくると髪の毛が弱く、細くなっていき、髪の毛の休止期が長くなるために抜け毛が増えます。エストロゲンが分泌されなくなる理由としてはセックスレスや運動不足、無理なダイエットなどによるホルモンバランスの乱れ、更年期に突入することでの急激な女性ホルモンの減少などが考えられます。

独身女性には薄毛が多い?

30代後半で薄毛になっていく女性

既婚で配偶者と定期的にセックスをしている女性と、独身で長期間セックスレスな女性でははっきりと髪の毛に与える影響は研究結果として出ています。やはり定期的にセックスをしている女性にはエストロゲンが分泌されているために薄毛は少なかったのです。逆に30代後半以上の年齢の女性で独身で彼氏もいない場合には薄毛が多くなっているのです。


女性らしさも薄毛に影響する

定期的にオナニーやセックスをしていると自律神経が刺激され、興奮物質が分泌されることで薄毛や抜け毛を防ぐことができます。また、「女性らしさ」(例えば彼女として、妻として、母として)を意識している女性にはオキシトシンというホルモンが分泌されます。このホルモンは薄毛や抜け毛の原因となる精神的なストレスや自律神経の乱れを鎮めていくという働きがあります。

つまり恋愛や結婚、出産、育児、配偶者との生活などを通して女性らしさを意識している女性は髪の毛に良い影響を与えていると言えるのです。

結論として

女性らしさを意識するということが減ってくるとエストロゲンやオキシトシンなどの女性ホルモンの分泌が減少していき、結果としては髪の毛の発育に悪い影響を与えることになる可能性があります。セックスレスが薄毛につながると言い切ることは難しいかと思いますが、セックスと女性ホルモン関係から考えると、あながち無関係ではないようです。



error: Content is protected !!