AGA男性型脱毛症の内服薬治療の薬にはどんなものがあるか?

AGA治療は生活習慣の改善や内服薬、外用薬など色々なものを総称して行われます。どれか一つだけを行っても効果は実感しにくいでしょう。どれもバランスよく行っていかなければいけない治療なのです。今回はそのなかでも内服薬治療に使われる薬について述べていきたいと思います。

AGA内服薬治療といえばプロペシア

発毛の科学的メカニズム

発毛には男性ホルモンが関わっています。しかし同じ男性ホルモンが働くにもかかわらず、発達する毛がある一方で退縮する毛もあります。 男性ホルモンのテストステロンが毛乳頭の毛細血管から毛乳頭細胞に取り込まれると5aリダクターゼという酵素の働きによってジヒドロテストステロン(DHT)に変わります。DHTもテストステロンも男性ホルモンリセプターと結合して二量体を形成し、核内に移動して転写因子として働きます。

DHTはテストステロンより男性ホルモンリセプターに対する結合力が強いため、より強力な転写活性化を引き起こします。髭ではテストステロンを受け取ることにより、毛母細胞の増殖を促すインスリン様増殖因子のようなシグナル因子が作られます。一方で、前頭部や頭頂部では毛母細胞の増殖を阻害する物質を作ります。そのため、テストステロンを受け取っても、髭毛包では毛が伸長し、前頭部や頭頂部では毛包が伸縮していくのです。

プロペシアの効能

5aリダクターゼには1型と2型があり、壮年性脱毛に関わるのは主として2型と言われています。メルク社のプロメシアは2型の5aリダクターゼを特異的に抑制します。元々は前立腺疾患の治療薬でしたが、壮年性脱毛に効果があることがわかり、それからは「飲む発毛剤」として知られているのです。

もう一つの注目、ミノキシジル

ミノキシジルの効能

ミノキシジルはアメリカではロゲイン、日本ではリアップの名前で知られる発毛剤で内服用と外用薬があります。元々は高血圧の治療薬として開発されました。そのうち副作用で体毛が濃くなることがわかり、発毛剤に転用されました。

ミノキシジルは細胞のカリウムチャンネルというタンパク質に働いて血管を拡張させ、その作用によって発毛が促進するとされています。血管拡張作用だけなら市販の育毛剤に配合されている数多くの物質にも認められますが、ミノキシジルには他にもいくつかの作用があり、それらが統合して効果を生み出していると考えられています。

副作用に注意

ミノキシジルは副作用も多いため、使用には注意が必要です。特に内服用は医師の処方がなくては購入することはできません。現在、わかっている副作用として、

  • 性欲減退
  • 体重の増加
  • 手足のしびれ
  • 頭皮のかぶれ
  • 血圧の過度な低下

などが挙げられます。

特に外用薬として使用する場合は、過度に使用した場合に多く副作用が見られますが、人によっては少量の使用でも副作用が見られることがあります。自分の体質にあっているかどうかを調べることが必要になります。